商品のご紹介

九谷焼・清水焼・有田焼 九谷屋

九谷焼・清水焼・有田焼 九谷屋 HOME > 商品のご紹介

商品のご紹介

九谷屋では全国各地の陶磁器の名品を数多く扱っております。
その中でも九谷焼は最も多く扱っております。
記念品やギフト、引出物から業務用まで、
陶磁器のことなら、さまざまなご相談を承っております。

九谷焼「加賀百万石の絢爛豪華な美」

九谷焼の始まりは、江戸時代初期の1655(明暦元)年頃。
大聖寺藩初代藩主・前田利治が、
領内の九谷村で陶石が発見されたことに着目し、
錬金の役を務めていた者を修業に遣わせ、
九谷村に窯を築いて色絵磁器生産を始めたのがきっかけです。
それから1710年頃に廃窯するまでに焼かれたものが「古九谷」と呼ばれ、
日本の色絵磁器の代表として高く評価されています。
廃窯から約80~100年後、金沢の春日山で窯が開かれたのを機に、
大聖寺藩内でも九谷焼再興の動きが起こり、
青手古九谷の塗埋手を踏襲した吉田屋窯、
赤絵密画の優品を残した木崎窯や宮本窯、
藩の贈答用品を手がけた松山窯など数多くの窯が現れ、
それぞれに素晴らしい画風を作り出しました。
明治時代に入ってからは、九谷庄三の彩色金襴手が主流となり、
大量の九谷焼が海外へ輸出されました。
現在は、各時代の窯の作風を礎に、より活発な生産が行われています。

京焼・清水焼「京の茶の歴史とともに育まれた技」

京焼・清水焼とは、京都で造られる陶磁器の総称です。
その歴史は安土・桃山時代の末に遡ります。
1644年頃には、京焼の祖と言われる野々村仁清が窯を開いて茶器を作り、
近世の京焼・清水焼に見られる優美な色絵陶器を造り上げました。
1699年には、仁清のもとで学んだ尾形乾山が作陶を開始し、
大胆かつ独創的な京焼を造り上げました。
その後も、奥田頴川、青木木米、仁阿弥道八などの名工たちを輩出し、
1781年頃には初めて磁器の技術を導入。
特に清水焼は、より洗練された磁器制作を行い、
明治・大正時代には海外にもその名を馳せるほどとなりました。
現在も、洗練された精緻なデザインと、
手作業による高度な技法が特徴です。
製陶企業や窯元、
陶芸作家たちが新しい京焼・清水焼の創造を追求しています。

有田焼「世界で愛される磁器の本家」

有田焼とは、佐賀県有田町周辺で焼かれた磁器の総称です。
その誕生は、17世紀始めのこと。朝鮮陶工の一人、
李参平が有田の泉山で良質の磁石を発見したのを機に、
日本で初めて白磁を焼いたのが、有田焼の始まりといわれています。
初期の有田焼は白い素地に藍色一色の模様を特色としていましたが、
磁器発見から約30年後の1640年代に初代・柿右衛門が
赤を基調とした赤絵(色絵磁器)を生み出しました。
1650年代には、有田町から最も近い伊万里港から輸出されていたことから、
海外では「IMARI」との愛称で知られるようになりました。
ヨーロッパの王侯貴族の中には熱烈な収集家が多かったとも言われています。
白い素地に描かれた赤・黄・緑・青などの美しい絵柄を特徴とする有田焼は、
現在も世界中の多くの焼き物ファンに愛されています。

Information

贈答品のカタログ請求
九谷屋 セレモニー事業部
ページの先頭へ